悪平等主義の地球市民脳の屁理屈がまた始まりました。
国は自国民の為にあります。
人種差別撤廃条約にも国民=市民の明確な定義があります。
それぞれの国は各々の国民が育んで存在してきたわけであり、よそものの外国人がとやかく言って居座るのは論外なのです。
厚顔無恥甚だしい主義主張は聞き入れてはいけません。

ニュース記事は、こちらです
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1401371300/

多文化共生政策を推進して外国人を受け入れた国々は自国民は針のむしろ状態、外国人にゆすりたかりさせられて根絶やしにされていく結末が待っています。
多文化共生は不可能なのが、よく分かる解説動画です 。

https://www.youtube.com/watch?v=zvmNDKb6_q4


zeke skylord
移民受け入れが何故日本で浮上するのか?
21世紀の日本人は無国籍で拝金主義的なコスモポリタン民族になろうとしています。
その原因は、「日本軍=侵略=残虐非道」という嘘の歴史!を戦後の日本人が信じ、持ち続けたことにあります。
その結果、国家への価値観は無くなり、むしろ嫌悪し、アナーキズムに陥ってしまっています。 ・・・それを率先して扇動して来たのが日本の教育界とマスコミです。
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム (War Guilt Information Program)という、GHQ占領軍による「日本弱体化政策」を、戦後の日本国民は誰も知りません。
この占領政策でGHQは、日本にどんなことをしたのか?知る人は少ないです。
ご自身で調べるべきです、そうすれば戦後の日本が何なのか?納得できるでしょう。
これは今も、赤い思想の組織が受け継ぎ、教育界やマスコミで堂々と続けています。
国民が自国に嫌悪観を抱けば、日本人が日本を捨てようとするのも無理はありません。
その結果が国家を排除した、新自由主義経済でありグローバル主義の蔓延です。
故に危機感を抱かず、大量の移民受け入れを思いつくのも無理はないのでしょう。
欧米で大失敗し大問題となっている移民政策を日本でやろうとする国会議員達。
移民を受け入れる時、何処の国の人々が多く来るか?考えるまでもありません。
それは、中国人と韓国人です。 彼らは反日教育を受けて来た人々です。
当然、民兵や工作員も大手を振って日本へ来るでしょう。
国防動員法の怖さ!
あなたは、中国の「国防動員法」を知っていますか?・・・この怖さを知っていますか?
これをマスコミは絶対に伝えません。
日本の国会議員は、極めて愚かな人々が多いことが分かります。
それは取りも直さず、有権者である国民が愚かであることの証明でもあります。
まさに今の日本は、「無自覚な自殺国家」へ一直線と言えるでしょう。
http://ameblo.jp/mamorinuku/
スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
QRコード
QR

PAGE TOP